FC2ブログ

Forestier

ひとつ星

Posted by 蘇 芳 on  




白い手を取って
珊瑚の門をくぐる
誰もいない海のベンチで
朔の夜を見上げて
君はただ一言、守護星の名を告げた






Posted by 蘇 芳 on  




朱鷺色の夕暮れに
瞬きもしないで
君は 何を見てる

無機質な街に波打つ
褪せた雑踏の連写と
刻一刻と落ちてゆく
無慈悲な空の明度

巨大なビルの迷宮が
僕らを呑み込んで浮かべる
冷淡な微笑みに ナイフを突き立てて
風に逆らう翼

受理の無い紙片など
意に介すること無く打ち捨てた

それは
君が従えた
静かなる反撃








with

Posted by 蘇 芳 on  





夏至の闇で
指切りをした
あの時の約束が
仄かにゆれる


舟を送る篝火の群れ
眠りを誘う不規則な波紋


月を隠す叢雲を見上げて
跳ねる魚に怯えたのは僕

埋まらない喪失感と
正体のない痛みに
躊躇なく触れてくる秋の使者は
君の仕業だと

知っている


巧みに隠された一線を
僕が超えないように
優しく糺す
守り人


will you be there


その跡形を辿りながら



此岸にて
君を恋う






該当の記事は見つかりませんでした。